お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

食パンにはまったお正月

だいぶご無沙汰してしまいました!

 

クリスマスケーキから年末のお土産お菓子まで、何とか無事に仕上げた後は、もうバタバタでお正月に突入です。

 

今年は久しぶりに家族や、私の両親が若かったころからの古い友人家族と一緒にスキー場がある温泉宿に泊まっていました。

80代から2歳まで、とにかくにぎやかに過ごしました。

 

お昼はどこかの部屋に集まって、お餅やパンを焼き、野菜やハムを切り、コーヒーやお菓子でわいわい過ごすのが恒例で、私は自然とコーヒーとパン、お菓子の担当になっています。

 

毎回、「この食パン、おいしいね。どこの?」

「さあ、今年はどこのでしょう?予約して買ったんだよ!」などと言う会話も楽しみです。

さて今年は、この忙しいのに何でそんなことやってんの?と自分に突っ込みを入れつつ、私の自家製食パン4斤を焼いて持っていきました。

最近はイーストを少なくして、その分時間をかけてゆっくり発酵させるやり方が好きで、時間が許す限りそんな感じのパンを焼いていました。

 

 

「あれ、これはいつもと違うねえ。どこのだろ?○○の?」

パン好きの人がいろいろ言うのを聞きながら一人ほくそ笑む私。

 

もちろん「えーっ!!うそー、おいしいー」という、ありがたい年の始まりでした。

それにしても手作りパンというのはこんなにもみんなの心を暖かくするのでしょうか?

お菓子が専門の私としては少し複雑な気もしないわけではありませんが、手作りの何かを囲んで幸せな時間を持ってほしいといつも願っているので、嬉しいです。

 

調子に乗ってどんどんパンを焼きそうな気がする…(^^;

 

歳をとるにつれ、明日何があるかわからない、一か月後にどうなっているかもわからない、という気持ちが強くなってきました。

 

今年も毎日を大切に、いろいろ頑張って、いろいろ楽しんで、暮らしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

f:id:rikimarutti:20220106201042j:plain

f:id:rikimarutti:20220106201045j:plain

f:id:rikimarutti:20220106201056j:plain