お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

リンゴの香りに包まれて

仕事が集中するときはすごく集中し、暇になると結構ずっとヒマなのは自営業だからでしょうが、先週は集中の期間でした。

 

f:id:rikimarutti:20211017204404j:plain

バースデーケーキや

f:id:rikimarutti:20211017204506j:plain

栗のケーキ。(生クリームの下に栗のクリームがたっぷり絞ってあります)

栗は圧力鍋を使うと、うちの場合は圧がかかってから3分で柔らかくなります。

圧力鍋、重宝しています。生徒さんの分1.5キロあっという間に茹で上がりました。

 

f:id:rikimarutti:20211017204530j:plain

シャインマスカットのデコレーションケーキ。

 

 

f:id:rikimarutti:20211017204605j:plain

スウェーデンのプリンセスケーキはマジパン細工が楽しい豪華なお菓子。

中にはカスタードクリーム、木いちごジャム、生クリームなどがサンドされています。

 

他にも子どもクッキングのマドレーヌや公民館のお菓子教室でバスクチーズケーキなどなど、材料の計量、の段階でよくわからなくなりそうで心配でした。

 

コロナのため、子どもクッキングの楽しい試食タイムは今回もカット。

マドレーヌは単純なお菓子ですが、焼きたてのバターと卵の香りは素晴らしくて、持ち帰り用の袋に顔を突っ込んで「いい匂い~」と言っている子どもたちがちょっとかわいそうでした。

早く、早く、早くいつもの生活に戻ってほしいと、こんな時は痛切に感じるのです。

 

ところでそれと並行して、お菓子用の大量の紅玉を煮る作業もありました。

3日間で100個は煮たかな。

おかげで仕事場はいつも煮リンゴの甘酸っぱい、やさしい香りがしています。鍋がずっと火にかけられているので湿度のあるあたたかさもあります。

 

あー、秋も深まるなあ…と言っているうちに冬も来る。

ハロウィーン、クリスマスとまだまだ気が抜けないですが、リンゴの仕事が終わるとちょっと一息したくなります。

葉っぱが全部落ちないうちに山に行きたいなあ。

秋の北アルプスや八幡平のテレビ番組を見ながらいろいろ空想(妄想?)しています。