お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

孫とへそパン

今月はバタバタと忙しくなってしまい、気持ちが息切れしているようでしたが、楽しいこともありました。

 

長女が孫を連れて遊びに来たのです。

私たちも娘たちもワクチン接種が終わったこともあり、少しだけ安心して会うことが出来ました。

 

話が横にそれますが、ワクチンの副反応、私も娘も、さらに私の母も特にありませんでした。

テレビやSNSでずいぶん副反応の重さを報じているので、まるで私たちが特殊なようにも思えてしまいますが、どうなのでしょう?

「副反応が軽い人は抗体ができていない」と言う人もいますが、それは困る。

 

とにかく、ゆっくりと再会を果たしました。

家にはカットに失敗したお菓子とか、山で食べたい焼き菓子やパンが冷凍庫に結構ありますから、それを孫たちが食べる姿を見るのは嬉しいことです。

 

今回は上の4歳の男の子にウケるかな?と丸いもっちりしたパンも作っておきました。

ひも状に伸ばした生地をゆるく結んで丸くまとめると、ちょっとおへそみたい。

 

f:id:rikimarutti:20210929211049j:plain

 

「へそパンでーす」

「え?誰のおへそ?」

などと言いながら、バターをたっぷりつけてパクパク食べました。

あっという間に二つ平らげ、4歳児のおやつにしたら多めのような気もしますが、まいいか。

残ったパンは娘に持たせましたが、あっという間になくなったそうです。

喜んでもらえてよかった。私も何も気にせずバターたっぷりで食べたいけれど、ちょっと勇気がいるかも。