お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

焼きうどんと猫とかつお節

前回のタマゴダケは、とても赤ワインがすすむ味だったと友人が喜んでいてホッとしています。

後からフランス料理のシェフが、フランス料理に良く合うキノコと絶賛していたと伝え聞いて納得です。

なべ物や汁物、ご飯などに合うキノコではなく、洋風のものだったのですね。

明日、友人は自分でも山に採りに行くと張り切っています。

私は…いまだ食べる勇気が出ないのです。ダメダメですね。(^^;

 

さて本日はその彼女と、山仲間(20代男子)の3人で、ゆっくりと山ご飯を楽しむ、をテーマに朝早くから出かけてきました。

 

今回は「私にお任せください!!」と美味しい焼きうどんを振る舞うことにしました。

山と食欲と私」というコミックがあるのですが、ヒロイン鮎美ちゃんが毎回山頂でおいしそうなご飯を作って食べる、というのに憧れて、自分でもやってみたくなったのです。

とはいえ、全くのぶっつけ本番でうまくいくほど甘くはない、ここはお昼ごはんもかねて練習してみることにしました。昨日のことです。

豚バラ、キャベツ、ニンジン、しいたけ、季節的にミョウガ、ちくわ。

半分はしょう油かつお節、もう半分はカレー味に紅ショウガと二色の味に作りました。

肉や野菜の分量、調味料の加減などをメモしながら…お菓子教室の先生のくせですね。

 

アウトドア用のバーナーとお鍋で台所で調理していて思ったのは、これは災害時に使えるな、と言うことです。

登山の衣食住のノウハウは災害時にとても役に立つと思いました。要はサバイバル生活ですものね。

f:id:rikimarutti:20210912181340j:plain

 

何だか感じの悪いリキ丸とアユ。

 

焼きうどんには気持ち多めのかつお節がいいなあ、と試作しているところに、乱入してきた二人。

2階で熟睡していたはずなのに、かつお節の香りに敏感に反応してどたどたと下りてきたのはいいのですが、すでに私が大半を食べつくし…「何?ない?ない?」と勝手にむくれまくりです。

 

f:id:rikimarutti:20210912181349j:plain

「あ~あ~あ~」みたいなリキ丸。拗ねています。

分かりやすいなあ。

 

 

これが今日のお昼の、本番焼きうどんです。

避難小屋の、わずかな明かりの窓際で撮りました。

本当はさわやかな風の吹く山頂で食べるはずが、濃霧と霧雨と爆風で断念。

小屋でゆったりとお昼ごはんもいいものです。

そのまま昼寝をしたくなりましたが、何とか頑張って下ってきました。

f:id:rikimarutti:20210912192034j:plain



駐車場で振り返ると…くっきりと美しい山頂が見えている!!

まあ、あるあるだよね、ゆったりまったりの山行もいいよね、と忙しかった仕事を忘れるうっとりするような時間だったのでした。