お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

四角いホットケーキとタマゴダケ

前回、ホットサンドメーカーでフレンチトーストを作って山で食べた話をしました。

 

今度は何を作ろうか、いろいろ考えるのは楽しい時間です。

 

全く作ったこともない料理やお菓子よりは、山で食べたら楽しいいつものあれ、みたいなのがいいなあと思ったら、小さい時から好きだったホットケーキが思い浮かびました。

 

丸いのが幸せな感じのホットケーキを、ホットサンドメーカーの形に合わせて四角く焼いてみました。

巨大なきんつばみたいですか?

でも、びっくりするくらいおいしく焼けました!

f:id:rikimarutti:20210905202342j:plain

 

f:id:rikimarutti:20210905202412j:plain

 

この間のフレンチトーストに感激してくれた友人が、速攻でサンドメーカーを買ったと聞きました。

ぜひホットケーキも試してほしいな。

 

 

ところで、今日も配達2件を終えてから、バーッと近くの里山へ!

作業服のおじさんが突然林の中から現れて、手にはスーパーの袋、思わず「な、何ですか?」と聞いてしましました。

「タマゴダケ。バターソテーがおいしいよ」と見せてくれた袋の中には毒々しいともいえるほど鮮やかな赤い色のキノコが。

根元に卵の殻の様なものがついています。なるほど、卵の殻から出てきたキノコのように見えます。

いつか友人が「とっても美味なのよねえ。タマゴダケ」と言っていたことを思いだしました。

 

 

f:id:rikimarutti:20210905200829j:plain

 

一度認識すると、不思議なくらいタマゴダケが目に飛び込んでくるのです。

思わず夢中になって、登山道を外れてまでも(危ないなあ)ガンガン取って、一緒に登った若い山仲間と「どうする?1キロ以上あるよ!半分こする?」

 

図らずも、生まれて初めてキノコ採りをすることになった彼は「い、いえ今回は僕はいいです」

実は私も似たような気持ちでした。だって、毒々しいんです…おいしいとわかっていても。

じゃあとっても美味と言っていた件の友人にお届けしましょうか。ということになり、山頂からLINEすると「わーい!」と返事が。

 

結局山を下りて、すぐに友人の所に届けました。

さきほど「お肉のソテーの付け合わせにバッチリでした!明日はパスタにする予定!」と連絡が来ました。良かった。

 

次回はぜひタマゴダケのあるところを案内してほしいと言うことで、第2回目のキノコ狩り、近いうちに実現しそうです。

山の恵みは待ってはくれませんから!

ビビりでしたが、次回は私も食べます!頑張ります!