お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

100匹に1匹の猫

今週に入って、リキ丸の体調が思わしくなく、一昨日は水も飲まなくなりました。

 

さすがにおかしい、おかしすぎる。

幸い(というのだろうか)仕事のキャンセルが入ったので、急いで病院に連れて行きました。

年も年なので(15歳)、良くならないようなら後できちんと検査することにし、今回は脱水症状に対する点滴と、吐き気止めその他の注射を3本打って、とにかく食べられるようにしてもらいました。

 

点滴と注射3本となると、嫌がって大暴れする猫も多い、ということで、私とスタッフ2名、計3人でリキ丸を押さえることになりました。

「先生、リキ丸はうちの3匹の中で一番穏やかな猫なので、暴れたりしないと思いますよ」と私が(余計な)ことを言うと、「まああの、アユとかはアレだろうけど(笑)、でも今回はリキ丸も嫌がると思うよ。3本目は結構痛いし」と先生は言いました。

 

結局リキ丸は全く暴れず、それどころか一言も発せず、下を向いてじっと耐えているように見えました。武士?

 

先生が「いやあー、こんな子はめったにいないなあ。100匹に1匹いるかどうかだねぇ。リキ、えらいね。」と言ってくれました。

 

 

f:id:rikimarutti:20210527204017j:plain

「ありがとうございます。おかげで今は元気になりました」byリキ丸