お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

眠い猫とマリトッツォ

f:id:rikimarutti:20210416220730j:plain

本日のお菓子教室では、イタリアのパン菓子「マリトッツォ」を作りました。

今ずいぶんと流行っているようですが、古代ローマ時代から存在していたとされる歴史ある食べ物のようです。

 

ブリオッシュのようなリッチな生地のパンに、たっぷりの生クリームをはさみます。

イタリアでは朝ごはんに食べるようです。

パン生地がオレンジ風味だとか、いえ、クリームがオレンジ味だとか諸説ありますが、古代ローマに食べられていたのは、きっともっと素朴なものだろうと想像しています。

 

それはともかく、私が作るブリオッシュは甘さとイーストを控えめにしているので発酵に時間がかかるのですが、その分じっくりおいしくなる気がします。

酒粕ラバーの私は香ばしい風味づけに少量の酒粕を加えますが、それはお好みで。

一から始めると時間内には終わりませんから、早朝に仕込んで皆には仕上げから作業してもらいました。

 

たっぷりのクリームはしつこくならないように甘さは控え、ほんの少しのコアントローでオレンジ風味を付けました。

クリームをきれいに整えるのが意外と難しく、パン生地についてしまったクリームは丁寧にペーパーでふいて仕上げました。

 

最近はマリトッツォのアレンジ版もSNSでたくさん見かけます。

桜クリーム&いちごとか、あんこと抹茶クリームなど、なぜか和風アレンジが多いかな。

今回は、ローマのテルミニ駅近くのバールで始発を待ちながらエスプレッソとともにいただく…みたいなイメージで作ってみました。

海外どころか国内移動もままならないこの時期、妄想炸裂です(^◇^)

 

 

 

 

f:id:rikimarutti:20210416220745j:plain

下り坂の天気予報、午後からはどんよりしてきました。

そんな日は寝てばかりの我が家の猫です。

声をかけても全く動かないアユ。

 

 

 

f:id:rikimarutti:20210416220758j:plain

それに対して、カメラを持つ私の気配で目を開けるもみじとリキ丸。

危機管理がしっかりしているのか、それなりの年齢で眠りが浅いのか…よくわかりません。