お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

動物ビスケットで大騒ぎ!

コロナで半年遅れでスタートした児童センターの子どもクッキング。

 

今日はバナナのカップケーキを作りました。


f:id:rikimarutti:20201120214548j:image

たくさんのバナナを潰したり、小さな型に均等に生地を入れたりと、なかなか大変なところもあったけれど、どのグループのケーキもプックリふくらんで、みんな大興奮です。

 

最後に、昔からある「動物ビスケット」を上に飾って可愛く仕上げました。


f:id:rikimarutti:20201120214649j:image

 

実は動物ビスケットを用意したのには、もう一つの目的がありました。

ケーキが焼き上がるまでの約20分、何もすることがないと子どもたちの間を持たせるために使うのです。

 

「自分のケーキにどれを飾りたいか、どうやってみんなと分けっこするか、グループごとに話し合って決めてね。」と各班に1箱ずつ渡しました。

 


f:id:rikimarutti:20201120214736j:image

 

これがなぜか、予想以上に大盛り上がり。

「わー、パンダかわいい!」

「うおっ、これワシだって!鳥もいるー」

「ちょっとー、ライオンは俺のだからね。」

「ジャンケンって言ってるでしょ!」

 

ついには欲しいのがゲットできずに泣き出す子、ふてくされて机に突っ伏したまま顔を上げない子まで。

今までこんなに激しい展開になったことはありませんでしたから、私はあっけにとられ、ちょっと笑ってしまいました。

 

動物ビスケットの何がそんなに魅力的なのか、来月も同じメニューを別のメンバーで作ることになっているので、楽しみに探ってみたいと思います。

 

それにしても‥本当はコストコで買ったカラフルなケーキの敷き紙に注目して欲しかったんだけどなあ。

ハートや水玉、かわいい模様を4種類もそろえたのですが、16人中誰もそれに気が付きませんでした。

おそるべし、動物ビスケット、なのでした。