お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

マスカルポーネの冷たいケーキ


f:id:rikimarutti:20201007214241j:image

昨日のお菓子教室では、冷たいマスカルポーネのケーキとバターミルクビスケットを作りました。

 

マスカルポーネチーズとヨーグルトをゼラチンで固めたシンプルなお菓子です。

バニラとレモン汁、オレンジキュラソーで風味をつけ、旬のぶどうを飾りました。

 

材料をどんどん混ぜていけば良いので、まさに「簡単でおいしい」のですが、難しいのはゼラチンの量です。

わずか1グラムの違いで固まったり固まらなかったりするのです。

実際、去年はレシピの8グラムで固まったグループと柔らかくて型から抜けなかったグループに分かれてしまい、非常に焦ったのでした。

 

レシピを見ると、「もしかして10グラム?」という付箋が貼ってあって、うーん、と考え込んでしまいました。

ゼラチンを増やすと絶対大丈夫ですが、食感がぶにんぶにんしてあまり美味しくない気がします。

 

8か、10か‥

間を取って9?

安直な気がしないでもないですが、そんなわけで今年はゼラチン9グラムでいってみました。

 

結果は大成功。

固すぎず、柔らかすぎず、無事に型抜きもできました。

 

ゼラチンもですが、イーストやベーキングパウダー、寒天など、わずかな違いが大きく作用する材料がけっこうあるのです。

 

そんなことも楽しめると良いのですが、なかなか、ね。