お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

手作りのマスク

昨日の午後、一人で仕事をしていると誰かが来た様子。

玄関に立っていたのはお菓子教室の生徒さんでした。

 

「先生、マスクを作ってみました!どこ行っても手に入らないってこの間おっしゃてたから、良かったらどうぞ。」

 

とりあえず家族分プラス何枚かを縫ってみたとのこと。

 

「そんな貴重なものをいただいていいのですか?」

嬉しいのと、申し訳ないのとで胸がいっぱいになってしまいました。

 

今はどこの手芸屋さんでもマスクの材料は品薄で、数量制限もあり、手作りも大変だと聞いていたのです。

 

「もったいなくて使えない…」と言うと、

「試しに作ってみたものだから、そんな完ぺきじゃないですよ。気にせずどんどん使ってください」

 

f:id:rikimarutti:20200402093758j:plain

リバーシブル仕様だそうです。

縫いものが苦手過ぎる私には、もはやその構造もよくわからず驚嘆するばかりです。

本当にありがたいです。

 

ラジオを聴いていたら、「貴重品は車内に残さないでください」と言われ、真っ先にマスクの箱を掴んだ自分に驚いて笑ってしまった、という話をしていました。

本当にいまや貴重品です。

 

大変な思いをする人がどうか増えませんようにと願うばかりです。