お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

焼く前のケーキの生地のお味は?

先月末から娘が二人の子供を連れて帰省してきていて、なかなか更新が出来ずにおりましたが、相変わらずの日々を過ごしています。

 

昨日は子どもクッキングで、リンゴのシナモンマフィンを作りました。

前回の記事では、「最近の子どもたちはシナモンが好きみたい」と書きましたが、隣の学区で行った昨日の教室では「シナモン好き率」は10パーセント。

ほぼ真逆の結果となりました。

うーん…同じメニューで違う学区があと2回続きますので、その結果が楽しみです。

 

生地を型に流してオーブンに入れ、さあ片付けようという時、「先生!泡だて器やボウルについてるの、食べていいの?」と声がかかりました。

焼く前の生地、興味あるよねえ。

「いいよ。焼く前がおいしかったら、焼いてもおいしいと先生は思っています。」

「やったー!!」

今日は3人一組なので、それぞれが泡だて器、ボウル、ゴムベラとうまい具合に分担してペロペロしていました。

「う、うめえー!!焼いたやつよりおいしい!」

「まだ焼いたの食べてないじゃん!」

と、みんな嬉しそう。

焼く前の生地を食べたり、焼きたて熱々をほお張ったりできるのは、頑張って作ったみんなにしかできないこと。

せっかくだからいろいろ経験してほしいと思うのです。

 

 

焼く前の生地に興味があるのは大人も同じです。

これも昨日、大人のお菓子教室で作った「バナナとミックスベリーのガトーショコラ」の焼成前。

生地がクリームみたいでおいしそう。そして実際おいしいです。

 

もちろん焼きあがったケーキも最高!

焼きあがったかどうかを確かめるために、ケーキの真ん中に何度か竹串を刺すので、ちょっとカッコ悪いのですが、この後粉砂糖で真っ白にお化粧するので全然大丈夫なのでした(^◇^)