お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

コッペパンの幸せ

今日のお菓子教室のメニューは「百花蜜のパウンドケーキ」と「コッペパン」でした。

お菓子教室ですが、たまにパンも作ります。

 

コッペパンは、食パンに似たプレーンな生地にしました。

1個につき60g、パン屋さんのようにきちんと計量して楕円形にのばした生地を、くるくると丸めて形作りました。が、作り手によって少しづつ形が違っています。

プロのパン屋さんでは許さないことかもしれませんが、家庭ではこんな違いも面白く、楽しい気分で食べることが出来ると思います。

 

今日はイチゴジャムと練乳バタークリームで食べました。

よーくこねたので、パン生地はもちもちして、引きがある食べ応えのある仕上がり。

ジャムやクリームとも良く合いました。

もちろん野菜やお肉を組み合わせておいしいサンドイッチにもなります。

 

最初の発酵も、仕上げ発酵も部屋の中で行いました。

室温は23~25度くらいだったでしょうか。

今日の生徒さんは、良い発酵のためにはいろいろ工夫をしなくてはいけないと思っていやようです。 例えば大きな発泡スチロールにお湯を入れた容器を準備して、その中で生地を発酵させるとかです。

 

「部屋に置いていていいのですね」と驚いていましたが、大丈夫です。

それよりも、生地を乾燥させないことの方が重要ですが…みんな、聞いてた?

 

 

メインのパウンドケーキは焼きあがってすぐにハチミツとラム酒のシロップを打ち、熱いうちにラップでくるんで冷めるまで待ちます。

焼き上がりはほわほわして柔らかいのでみんな緊張しながらの作業です。

実は私もドキドキしましたが、顔には出さなかったつもり…どうかな?