お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

猛暑日のワックスがけとセンスのない私に嬉しいおまけ

「こんな時に申し訳ありません」というくらいの暑さの中、午後1時に長年お世話になっているはハウスクリーニングの方が到着。

お盆に娘たちが帰ってくる前に床のワックスがけをお願いしたのです。

エアコンをつけても動いていれば汗だらだらの猛暑日、家具や色々を移動してワックスをかけるのは大変だと思います。

スポーツドリンクや麦茶のペットボトルを冷やしておきました。ニュースで「熱中症が発症する一番の場所は住居」と聞いたので。

 

「こんなに美しくなるのか?」というくらいきれいな床になって嬉しい!

そして実は、もう一つ嬉しいことがあるのです。

 

前回もそうでしたが、家具や細かい色々をハウスクリーニングの方がもとの位置に戻すとき、少しだけ違っています。たとえば猫のおもちゃや爪とぎの位置とか、リビングのテーブルの縦横とか。

そしてそれが毎回新鮮で、「こっちの方がいいじゃん!」となり、そのまま直さずに今に至ることになるのです。

 

今回も台所の奥の、大きな青バケツと分別ごみ箱と古紙と新聞紙入れのレイアウトが違っていました。が、それが「そうか!こうすれば良かったのか!」という感じに。

こんなことが3回ほど続いていますが、私以外の人の視点のレイアウトに毎回ハッとするということは、実は私はセンスがないのだなあ、と今回やっと気がつきました。

 

いいのです。

次回も楽しみです。

 

 

ところでワックスがけの間、リキ丸たちは2階の寝室に移動です。

実はこの部屋はエアコンがありません。窓全開でも相当暑いです。そのせいでしょうか、クローゼットの隅っこで、リキ丸がおかしな格好に…

 

あ、暑いよ…目つきがおかしい…

 

暑いのもいや、寒いのもいや、猫はそういう生き物です。

私もです(^^;