お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

おいしいマフィンと蜂と遭遇したアユ

今日のお菓子教室はロールケーキとマフィンでした。

ロールケーキは、自分では「洒落てるなー」と思っている、コーヒースポンジとマスカルボーネクリーム、フレッシュオレンジの組み合わせ。

今日の生徒さんたちはベテランぞろい。

それぞれが美しいロールケーキを巻いてくれましたが、なぜ写真を撮り忘れたのか、私!!

 

それは置いておいて、もう一つのメニューが、アールグレー(紅茶の一種)とプルーンのマフィンです。

バター多めのリッチなマフィン生地に、アールグレーの茶葉と濃厚なアールグレーミルクティーを加えて夏らしい風味に焼いたマフィン。

ソフトプルーンを一つずつ載せてアクセントにしました。

 

私が「今はドライフルーツがとても人気ですが、元祖ドライフルーツってプルーンでしたよね。今はイチジクとか杏などが人気で、ちょっと影が薄いかな」と言うと、そういえばそうですよね…という雰囲気になりました。が、その時、「あのー、私はしょっちゅう食べてますよ」とおっしゃる方が。

良かった!

お菓子や食材の流行は意外に早いものです。

いい素材は流行に左右されずにずっとずっと残ってほしいと思うのです。

 

ところでこれは、珍しくかわいらしいアユの横顔です。

何を見ているのかと言うと、玄関から私と一緒に入ってきてしまった蜂、なのです。

 

「お母さん、ぶんぶん言ってる!」

 

「ほらほら!!」

 

興味津々でとっても楽しそうなアユには悪いけれど、私がほうきでうまく誘導して外に出しました。

 

予想通り、「なにすんのー!何で何で!?」と面白くないアユでしたが、もう20年ほども前、初めて飼った猫、「ブリ」が蜂に刺されてものすごい顔になってしまった経験がある私としては、とにかく蜂とアユの組み合わせは危険すぎたのでした。

ブリの顔、今でも思い出しますが、びっくりするほど腫れ上がり、右と左で別人ならぬ別猫になっていて、何の呪い?とのけ反ってしまうほどでした。

アユちゃん、そんなふうになりたくないでしょ?

「…」

 

親の心、子知らず、ですね。