お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

動物柄の着物と帯

今日はお菓子教室の生徒さんに誘われて、着物の展示会に行きました。

人間国宝の方々の作品が間近で見られる珍しいイベントということで楽しみでした。

 

本の中でしか見たことのない有名な方々の技術をゆっくり見られて幸せ。

私には縁がないような着物や帯(だって人間国宝の作品)

非売品のほかに、値札のついているものもありました。が、怖くて見られませんでした。ほぼ芸術品なので、ちょっと触れただけでもありがたいことです。

 

そのほかにも絹織物で有名な滋賀県長浜の、何年もかけて開発をしてやっと出来上がった新しい感触の縮緬の生地など、いろいろ勉強になりました。

その説明をしてくれる若い男性が、織元や工房、作家の方を直接訪ねて見てきたことを話す感じが良かったです。

作り手を本当に尊敬していることが伝わってきました。

 

日本の伝統工芸品に携わっている熱心な若い人がいるということが嬉しかったのです。

 

ところで、和服にも流行はあるのですが、今回動物柄が目につきました。

写真以外にも、象などもいました。

 

一番下のウサギ柄は主催者の方の私物です。渋い色は男性の着物だから。

よく見るとサーフィンボードに乗ってカッコよくキメているうさぎも…!

洒落っ気があって可愛すぎない、私の好きな感じです。

 

本当に久しぶりに着物をたくさん見ました。

帰ったらお煎茶に和菓子でゆっくり余韻に浸りたい気分ですが、ダッシュで配達、現実はそんなものよね。

せめてお饅頭の写真でも。

これは昨日のお菓子教室で作った黒糖饅頭です。

皮に黒糖を使って素朴に仕上げました。

皮で餡を包むのは慣れないとなかなか大変ですが、みんな初めてにしては上出来ではないでしょうか。