お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

マーブルチーズケーキとサバラン

 

今日のお菓子教室は、マーブルチーズケーキとサバランを作りました。

マーブルチーズケーキというのは、バニラとチョコの2種類のチーズケーキの生地を交互に流して焼き上げたものです。

流し方によってケーキの表面、カットした時の模様が全然違うので、作り手の個性がよく出ます。

一番下のケーキは、アーティスティックな模様がカッコよくできましたが、残念なことに表面がひび割れてしまいました。

これは火を通し過ぎたことが原因だと思われます。

 

同じ材料で同じ時間焼いたのに、こうして仕上がりが違ってくることはよくあります。

「作る人が違うから」としか言いようがありません。お菓子作りは深いなあ…というか、私がもっと細心の注意を払ってオーブンを見ていたら、こうはならなかったのかも。

では一体私はその間何をしていたの?

それは、ちょうどサバランの仕上げに取りかかっていて、オーブンに張り付くことができなかったのでした。

 

サバランはイーストを使うパン菓子の一つ。

発酵にかかる時間など、その時の状況で変わってきますので、思った通りの段取りで行かないこともあります(言い訳)

 

サバランは地味だけれどしみじみおいしいケーキだと思います。

私の周りでは、年々作るお店が減ってきて寂しくなります。絶滅危惧種なのかしら。

サバランが大好きな私は、ぜひみんなにこのおいしさを知ってほしいと力が入るのです。

「先生、私サバランが大好きなのですが、近所では売っていないのです。夫の実家の近くのお菓子屋さんにはいつもあるので、そこで買うのが本当に楽しみなんです」とおっしゃっていた生徒さん。

これからはぜひ、自分で思う存分作って味わってほしいです。

 

今日は新年最初ということもあり、よく見ないとわかりませんが表面に金箔を散らしています。

何だかおめでたい感じのサバランです。

食べたみんなにとって良い1年になること、請け合いです。