お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

謎の段々ケーキ

今日のお菓子教室で作ったのは、紅茶風味のスポンジとマンゴークリームを合わせた大きなケーキでした。


f:id:rikimarutti:20180206194414j:image

高さのあるドーム型のスポンジを4枚に切り分けてクリームを塗り、外側はシンプルに渦巻き模様とホワイトチョコで仕上げています。

カットすると、黄色と薄茶色の段々が美しいのですが、今日はこのままお持ち帰りいただいたので、残念ながら写真がありません。

 

「高さがあるから、4枚に切るのはそんなに難しくないと思います。」

「はーい」

 

ところが「先生…な、謎の段ができてしまいました。」

「え?謎って?」

よく見ると、手前側は4枚に切り分けられていますが、後ろはなぜか5枚に切れ目が入っています。

 

どこでどうなったのか、私も咄嗟には分かりませんでしたが、上から2枚目と3枚目がどうかなっているようでした。

「ああ、慌てなくても大丈夫です」と言いつつぺろんぺろんと上からスポンジをめくってみました。

どうやら1枚だけ厚切りになってしまい、「あら、こんなに厚いということは切り忘れかしら」と切り進め、途中で「あら、これはこれで良かったんだ」と気づいて手を止めてしまったようです。(想像)

 

ご本人も一生懸命なあまり、わからないようでしたが、段が一つくらい増えたって良いのです。

薄く重ねたスポンジとクリームがますますおいしくなるかもしれないから。

もしかしたら、最初から「5枚に挑戦してみましょう!」と言ったら、みんなできるのかもしれません。

いつかハードルを上げてみましょう、とひそかに考えました。

 


f:id:rikimarutti:20180206200720j:image

こちらは午後のグループのチョコレートオールドファッション。

ちょっと固めのホロッとする生地のはずが、なぜかマフィンのような食感になりました。

 

平和なお菓子、ドーナツ、奥が深いです。