お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

奥が深いパウンドケーキ

ぎりぎりでやっと出来たお菓子教室のメニューは、先月試作を繰り返した「百花蜜のパウンドケーキ」と「コッペパン」です。

そして今日がそのレッスンでした。

 

パウンドケーキは材料を次々混ぜていくだけのシンプルなお菓子ですが、作る人によって出来上がりがずいぶん違います。

食べ比べてみれば、その食感の違いにも驚くかもしれません。

 

今日は、急にお休みした生徒さんの分を私が作ることになり、ちょっと緊張しました。

あとから取りに来る生徒さんに、おいしくてカッコいいパウンドケーキをお渡ししたい、そして一緒に作るみんなのお手本みたいに膨らんんでほしい、と思ったからです。

 

要するに、生徒さんにカッコいいとこ見せたいわけです。

 

 

結果的には私のケーキが一番きれいに膨らみ、「一応先生ですから。おーほほほ」などと笑ったりはしませんが、内心ほっとしました。

 


f:id:rikimarutti:20180201193010j:image

そして膨らむと言えば、パン生地ほどダイナミックなものはありません。

太めのボールペンみたいな生地がどんどん発酵し、りっぱなコッペパンに変身する姿にみんな驚いていました。

 

クリームをはさんでいざ、試食。

なかなか声が出ません。

ここでも不安になりかけましたが、

「…先生、自分で作った焼きたてのパンって本当においしいですね。」と一言。

ああよかった、この幸せをどうか家族や友人にも分けてあげてください。

いつもの日常の、ささやかな幸せ。