お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

受け継がれる着物

今日は、ある落語会に行ってきました。

大好きな着物を着る絶好の機会です。

 

落語に立派で派手な着物姿も変なので、地味な色の小紋と古い染め帯を合わせました。


f:id:rikimarutti:20171119200212j:image

 

娘も着物を着ました。

去年の特訓の甲斐があり、自分で着ることができるようになりました。


f:id:rikimarutti:20171119200349j:image

まだまだの着姿ですが、いいのです。

若い人は、これからどんどん工夫して綺麗に着ることができると思います。

 

私が着ている着物も帯も、全部母のお下がりです。

 

6月に病気をした母は、その後遺症で下半身に麻痺が残り、9月から施設に入居しています。

せっかく着た母の着物、そして孫の着物姿も見せに行きました。


f:id:rikimarutti:20171119201152j:image

 

5月まで、週に3回スイミングスクールに通い、月に2回フラダンスのレッスンを受けていたアクティブな母の急な生活の変化…本人も私たちもなかなか受け入れられませんでしたが、楽しい気持ちになれることを、無理せず共有していけたらと思います。

 

「地味な着物だったけれど、似合うようになってきたね。ちいちゃんもおばあちゃんの着物、どんどん着てちょうだいね!」と嬉しそうで良かったです。

 

着物を着てどこかに出掛ける。

ちょっとコスプレな私の楽しい気分転換です。