お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

突然のサヨナラと「いかれたBaby」


先週の土曜の夜、夫が帰宅した時に開けたドアからスルッとアユが外に出ました。

ドアの内側に潜んでいたようです。

 

生まれてから9年間、一度も外に出たことのないアユ。

 

外の世界はどうですか?

ワクワクしっぱなしなのか、怖くてビクビクなのか、私にはまったく想像がつきません。

 

経験上、最初の4日間はそんなに遠くに行かないことはわかっていましたが、どこを探してもまったく気配を感じません。

お隣のお兄ちゃんが「夜、鳴き声がしてましたよ」と教えてくれて少し安心しましたが、それでも悪い想像しかできません。

アユは人懐っこすぎるし、ちょっとおバカさんな感じがするから。

 

けっこう頻繁にリキ丸やもみじが庭に向かって鳴くので、目を凝らしてみるのですが、私には何も見えません。

 

私も夫もあまり眠れず、どんよりした日々を暮らしています。

 

寝不足のせいか、頭の中にフィッシュマンズの「いかれたBaby」がずーっと流れていて、それならばとYou Tubeで聞き直したら、ますます悲しくなってしまった‥

 

 

 

もしかしたらお腹が空いて戻ってくるかもと、サンルーム(物干し場)に餌をおいて少しガラス戸を開けておいたのが今日の7時頃です。

 

 

すると、何と、30分もしないでアユが姿をあらわしました!

捕獲成功です!

て言うかどこに居た⁉

 

 

f:id:rikimarutti:20200527203220j:image

「アタシはこんなとこで小さくまとまってる猫じゃないのよ」的な雰囲気を醸し出す勘違いアユ。

 

 

心配して近づくもみじがお鼻にタッチ。

優しいね。
f:id:rikimarutti:20200527203247j:image


f:id:rikimarutti:20200527203416j:image


f:id:rikimarutti:20200527203441j:image

 

 

「やっぱさー、お腹空いたらダメね、何事も」って何言ってんの? どんなに心配したか‥
f:id:rikimarutti:20200527203509j:image

 

ほっとし過ぎてワインも飲み過ぎの私なので、誤字脱字があったら申し訳ありません!

 

黄緑色のカリフラワーと爪を研がないネコたち


f:id:rikimarutti:20200523212154j:image

ジャム用の苺を買いに行った直売所で、生産者のおじさんがカリフラワーを並べていました。

左から白、オレンジ、黄緑色。

いつの間にカリフラワーってこんなにカラフルになったのかな?

 

「オススメは何色ですか?」とたずねると、「これうちの(奥様)が作ってるんだけど、黄緑がおいしいって言ってるよ」

何でもブロッコリーとカリフラワーのいいとこ取りだとか‥

早速ソーセージと合せてチーズ焼きにしてみました。

 


f:id:rikimarutti:20200523213052j:image

 

新しい味や素材に保守的な夫が文句を言わずにパクパク食べていたということは、おいしいということ?

私は美味しくて色のキレイなカリフラワーという感じがしました。

翡翠みたい。野菜って本当にキレイです。

思い切って話しかけて良かった! ていねいに説明してもらえて嬉しかったです。

 

ところで、ていねいに説明を読み、これは喜ばれそう!と私が購入した新しい爪とぎ♪

‥なぜかアユもリキ丸も座ってポーズを取るだけでいっさい爪は研ぎません。

何で?

 


f:id:rikimarutti:20200523214005j:image
f:id:rikimarutti:20200523214019j:image

 

せっかく買ったのに~と思っていたけれど、もみじだけが正しい使用法を理解してガシガシ爪を研いでいました。

が、カメラを向けるとサッと逃げ‥

 

なかなか上手くいかないな~(^o^)

 

 

 

 

キャラメルチーズケーキと固形石鹸好き


f:id:rikimarutti:20200516194554j:image

昨日のお菓子教室では、キャラメル味のチーズケーキを作りました。

大きな調理室を使った、人数の多いお菓子教室はまだできませんが、3密を避けたごく少人数のは行っています。

マスク、消毒、換気とソーシャルディスタンスに気をつけると、せっかくのアットホームな教室がちょっとよそよそしい感じになりますが仕方がないてすね。

 

砂糖を焦がして作るカラメルソースを苦手にしている生徒さんが多いので、なんとか上手に作れるように時々メニューに入れるようにしています。

カラメルに生クリームを加えたキャラメル味のクリームを、チーズケーキの生地に加えて焼き上げました。

あら熱が取れたら、チョコレートを好きなように線描きして仕上げました。

 

 

帰り際の話題はどうしてもコロナウイルスのことになってしまいます。

あんなに無かったホットケーキミックスはたくさん出てきたけれど、ベーキングパウダーはまだ無いとか、コストコジップロックの制限があるとか、いつまでたってもハンドソープは出てこない、固形石鹸はあるのにね、などなど。

 


f:id:rikimarutti:20200516194611j:image

ところで私は固形石鹸が大大大好きです。

顔も体も固形石鹸で洗っています。旅行や催事で面白かったりかわいい石鹸を見つけると、つい買ってしまいます。

でも大丈夫! どんどん使うので、無駄にすることはありません。

 

私「何でみんな固形石鹸で手洗いしないのかしら。界面活性剤を

  使っていないからお肌にも優しいのにね」

生徒さん「あの、その界面活性剤がウイルス除去にいいらしいで

  すよ」

ええっそうなの? 今頃になってそんな大事なことを生徒さんに教えてもらっているとは!

いつものことですが、いろいろ教えてくれて本当にみなさんありがとうございます。

 

今は、夏にパイナップルの香りの石鹸を使うことを、ささやかな楽しみにしているのですが、キャラメルの香りの石鹸ってどうかな?

寒い冬に使ったら、キャラメルマキアートになったみたいでポカポカしそうです。

妄想山ごはんと還暦のバースデーケーキ

謎の牧草地も含め、妄想登山ができそうな近所の丘や公園は飽きるほど徘徊しました。

ちょっとマンネリかなと感じ、妄想の方向を少し別にしました。

 

それは‥山でおいしいご飯を作るカッコいい私。

人気漫画「山と食欲と私」の主人公、鮎美ちゃんみたいに!

というわけで、ネットで安く手に入れたガスバーナーを使って、山ごはんに挑戦しました。

もちろん家で。

 


f:id:rikimarutti:20200512195326j:image

山で、何食べたいかなあ‥具体的には思いつかなかったので、昨夜の残りのクリームシチューにパスタを加えて「心も体もホッとするクリームパスタ!」に挑戦。

山では時短&燃料節約が鉄則でしょう、と思い、早茹でパスタを買ってきました。

さらにそれを水に浸けて「超早茹でパスタ」を作ります。

日頃からパスタを水に浸けておいて、2,3分でゆで上げているのですが、それを早茹でパスタで応用すればさらに時短になると踏んだのです。


f:id:rikimarutti:20200512200702j:image

どうてす?

おいしそうでしょう?

 

実は‥それほどおいしくなかった‥

早茹でパスタは水に浸けるとグチャグチャになってしまったのです。

火を通してもモニヤッとして生っぼかったのです。

まあ最初はそんなものでしょう。

 

今度は、どの山で何を食べたいかをしっかりイメージして再挑戦するつもり。

 

 

ところで日曜日に、還暦祝いのバースデーケーキを頼まれました。


f:id:rikimarutti:20200512201831j:image

「還暦ですか?真っ赤なクリームにしましょうか?」

「ハハハ!いえ、結構です」

その晩にLINEが来て、まだ小さいお孫さんたちがケーキに大興奮して、クリームに指を突っ込んだり取り合いしてグチャグチャだったけれどおいしく食べました、ということでした。

 

同じグチャグチャでも、私の山ごはんと違ってこちらは幸せそうですね。

 

よし!頑張ろう!

と誓った夜でした!

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと早い母の日


f:id:rikimarutti:20200506210038j:image

今日、私あてにお花が送られてきました。

下の娘から。

「少し早いけれど、母の日に」

 

別便で手作りパンも。フランスパンのような生地に黒オリーブを練り込んである、赤ワインが進んで仕方がないようなパンでした。

さらにジップロックに入っているのはどうやらパスタソースのようです。

 

今日の晩ごはんはこれでキマリだな。

 

いつの間にかこんな嬉しいことをしてくれるくらい、成長していたのね‥

ちょっとウルッとしながら電話をしたら、「ヤダー、それマーボー豆腐の素だから!パスタにかけないで!」

おー危なかった。

 

パンはおいしく頂きました。明日はお豆腐を買ってきて、マーボー豆腐にしましょう。

 

私も母用に、花束とカステラの「母の日セット」を頼んでいるのだけれど、まだ来ていません。

コロナウイルスの影響で宅配は遅れ気味と聞いているので少し心配です。

 

「お祝い事や贈り物は、遅れるよりは早いほうがずっといいのよ」と、母から叩き込まれているだけに‥

昭和の母と令和なのに昭和な雰囲気の子ども

「フランスの高齢者施設では、コロナウイルスの影響で部屋に閉じこもったままの認知症の高齢者の症状悪化が問題になっている」と言う記事を読み、2か月近く面会できない母のことを考えていました。

少し前までは玄関のドア越しに顔を見ることが出来たのに、今はそれも禁止されてしまいました。

 

母本人からも、「つまらなくてボケそう」などと電話が来て、本当にそうなってしまいそうな気がして焦るのです。

 

唯一許されている外出は「病院」。

母が今度健診に行くのは6月の中旬です。

「入れ歯の具合が悪いとか言って、1時間くらい外に出ようよ。お花がいろいろきれいだから介護タクシーに乗って窓越しに楽しむのもいいと思うよ。」

と電話で誘うのですが、「この施設で私が第一号の感染者になったら申し訳ないから」とマジメな対応。

なぜか昭和一けた、という言葉が浮かびました。

過酷な戦争をくぐりぬけてきた心身ともに強い世代、なのかどうか、本当のところはよくわからないけれど、私の持つイメージです。加えて食いしん坊。

「本当にひもじかったから」と当時の分も取り返す勢いの食欲の持ち主。あ、それは私の母だけかもしれません。

 

今日は、LINEで送られてきたひ孫の写真をプリントして持っていきました。もちろん手渡しはできませんが、「昨日、生まれて初めてホットケーキをひとかけ食べた後の笑顔です」とメモを添えて職員の方にお願いしました。

f:id:rikimarutti:20200503205150j:plain

すぐに母から電話が来て、「かわいいねえ。誰に似てるのかしら。不思議ねえ。冷蔵庫に貼ったから、いつでも見れる。」と少し興奮していました。

良かった。まだいつもの母だ。いつまでもいつもの母でありますようにと、つい祈ってしまうのです。

 

ところでその後、例の私の秘密の場所、謎の牧草地にまた行ったのですが、何と先客が!

それも一人二人ではありません。

遠目からは中学生の男女に見えましたがどうでしょう。5,6人、もう少しいるかな。

ずっと奥の方で、音楽をかけ、歌ったり、「はいはいはいはい!」と言いながら踊ったりしているのです。

 

そこまで行く勇気がなくて引き返してしまいましたが、とっても楽しそうな笑い声がいつまでも耳に響いていました。

その「草原で歌い踊る若者たち」の牧歌的な感じは令和の世とは思えない光景で、まさに昭和の青春ドラマそのもの。

 

たぶん、休校で暇を持て余した子どもたちが、近所を歩き回っているうちに偶然この場所を発見したのでしょう。

げ!何ここ?謎でしょ!と言う感じで仲間内で来るようになった…と言う私の推理、いかがでしょうか。

コロナがなければ見られなかった光景だったかもしれません。

 

でも、ここにはトラクターに乗ったおじさんがやってくるのです。その時どうなるのかな、大丈夫かな。

先輩(何の?)としては少々心配なのでした。

 

レモンパン祭りと牧草地

午後から散歩に出ました。

隣の住宅街の奥に、なぜか牧草地が広がっていて、さらに奥は笹が生い茂っている謎の場所があります。

偶然見つけてからたまに訪れるのですが、誰にも会ったことが無い秘密の場所。

と、思っているのは私だけかもしれません。本当のことはわかりません‥^^;

 

大好きな登山に出かけることもかなわないので、ミニザックを背負い、新しく買った登山用の帽子を被り、妄想登山というわけです。

 

思えば去年の今頃は、リュックも借り物、帽子は仕事用のキャップを兼用の、超初心者山ガールだったなあ。

 

とにかくズンズン歩きながらも、妄想登山なので頭の中は険しい登山をしているつもり。

もし単独登山で道に迷ったらどうするか‥自分のいる位置を、電話で正確に伝えられるだろうか‥とか、あの黒い大きな犬は‥はっクマだ!とっさにいつも携行している熊スプレーをさっと取り出せるだろうか?などと我ながらおかしい。

 

その時、ヘリコプターのプロペラのような音が聞こえてきました。

妄想登山中の私、よ、良かった!救助が来たか!などとニヤニヤしながら何気なく振り向くと、「ええっ⁉」

私の後ろから、トラクターのようなものがタカタカと走ってくるではありませんか!

私が歩いているのは土の狭い道。逃げ場がありません。

「は、初めて人を見た!」

「て言うか、このままじゃ轢かれる!」

「と言うか、もしかしてここは私有地?入っちゃだめだった?」

いろいろ考えましたが、とりあえず道を外れて牧草の中に逃げました。

頭にタオルを巻き、サングラスをかけたおじさんに、とりあえず「す、すみません!」と言おうと思ったその時、おじさんは90度曲がって反対側の牧草地の中に入って行きました。

た、助かった!と思うのと同時に、おじさんどこから来たの?という新たな疑問が‥

 

なかなかエキサイティングな散歩になりました。

また行く気、満々です。


f:id:rikimarutti:20200426212106j:image

帽子‥せっかく買ったけど、しばらくは散歩用です。

 

ところで、国産レモンの加工にハマっていましたが、広島産に続き、今度は淡路島産を取り寄せました。

国産レモンと言っても、たくさんの種類があると今回初めて知りました。

今回のレモンは皮が薄く、果汁が多いタイプ。香りも少し甘く感じます。

今回はパンにしてみました。

レモンピールに加工してたっぷり練りこんだ爽やかなパン。

紅茶のアールグレイと合わせたものと、カルダモンというスパイスを合わせたもの、うーんどっちもいい。けれど、カルダモンの方がお菓子教室では盛り上がるかな?

試作を兼ねた楽しい時間です。

 

f:id:rikimarutti:20200426202826j:image


f:id:rikimarutti:20200426202854j:image