お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

アップルマフィンとシナモン

3学期最初の子どもクッキングは「アップルシナモンマフィン」でした。

シナモンは子どもにとっては好き嫌いが分かれるスパイスかもしれません。

というわけで、シナモンは最後に、好きな子は好きなだけマフィンの上に振りかけることにしました。

もちろん苦手な子はシナモンなしで焼き上げます。

 

「先生、リンゴおいしいね!」

私が作った煮リンゴを味見して(味見してみて!とは一言も言ってないけれど)子どもたちが言いました。

以前の記事にも書いたおいしい紅玉を使っています。子どもたちがこのおいしさを感じてくれて嬉しくなりました。

 

「シナモンって知ってる?」

「えー?」

「じゃあ今からみんなにシナモンの缶を回します。匂いを嗅いでみて。好きだったらいっぱいかけてね。いやだったら使わなくていいからね」

「あー、これなんかハチミツみたい。ハチミツの匂いがする!」

「知ってるー、これハチミツでしょ」

 

私自身はシナモンはシナモンで、蜂蜜を感じたことがありませんでしたから、子どもたちの感想は新鮮でした。

さらに驚いたことにシナモン抜きにした子は16人中1人だけ。

子どもはシナモンが苦手な子が多い、という私の思い込みも今や古い固定観念だったようです。

いろいろ勉強になるなあ。

 

しかも「先生、せっかくだからシナモン有りと無し、どっちも作りたい」と言われ、なるほどねえと感心しました。

 

上の写真は「先生に」と各グループ(4班)から1個づつもらったものです。

16個ずつ作る予定が、なぜか17個になり(りんごが多かった?)「先生あげる」となりました。

 

何だか嬉しくて家に持ち帰り、眺めるだけでまだ食べていません。

明日の朝、おいしいコーヒーを淹れてごちそうになりましょう。

オーブンで温めなおして、おいしいところを大事にいただきます!