お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

最初で最後のゴーヤチャンプルーと大人のバースデーケーキ

昨日友達から家庭菜園の、立派で美しいゴーヤをもらいました。

 

そう言えば、毎夏何度も作るゴーヤチャンプルーを、今年は一度も作っていませんでした。

なぜかしら? …わからない(^^;

ですがとにかく、もう夏の終わりというところで、ゴーヤチャンプルーを作って食べて、ビールをごくっとしながら「間に合ったなあ」と笑うと、心の底から楽しくなるのでした。

 

それにしても、新鮮な野菜というのは、本当においしいです。

新鮮というだけでごちそうです。

庭から採りたてのゴーヤは苦みがさわやかで、いくらでも食べられるので困ります。

残りの1本は、ツナとしょう油マヨで和えたサラダになる予定。

これもいくらでも食べられる&ビールや白ワインが止まらない、困ったおかずになること必至。

 

「二人分の小さなバースデーケーキ、生のブルーベリーがあればそれでお願いします」

とささやくように廊下で言われました。母の施設の。

母がなぜか私の仕事の営業活動をしているようで、「お誕生日のケーキ、上手に作るわよ」などとスタッフの方に言うことがあったようです。

それで数日前、本当にバースデーケーキのご注文をいただいたのでした。

 

たしか子どもが4人もいるのよ、と以前聞いたような…小さなケーキでいいのかな?などと深入りは禁物。

ご希望に忠実にお作りして持っていくと、「お母さまにも今日言いましたけれど、本当にいろいろあって再婚したんです。来月から施設でも新しい苗字になるんですよ」とのこと。

「ステキー。うちの人とゆっくり頂きますね」

とてもきれいな笑顔だったから、今、幸せなのでしょう。

「色々あって」がおばさん心を若干くすぐりますが、それは置いておいて!おめでとうございます!