お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

孤独登山女子と涼し気な和菓子

今日は友人たちと「気楽な低山登山、いつか3人で行きましょう」という話がやっと実現しました。

去年から本格的に登山を始めた初心者の私がリーダーの、レベルの低い山行ですが、登山の楽しみ方は色々。のんびり話をしながら、お昼時間もゆったりとってひたすら楽しい登山を目ざしました。

私は山ご飯として売られている、フリーズドライビーフシチューを試したくてジェットボイルというあっという間にお湯が沸く道具を持っていきました。これをスマートに使いこなすのが目標。(前回多少パニックあり)

友人は優雅にシャンパンを飲みつつ花や景色を堪能するのが目標。

もう一人の友人は茶道にはまっていて、大自然の中でお抹茶を立て、おいしいお菓子を味わうのが目標。

 

というわけで、友人が持ってきたスパークリングロゼで乾杯の後、私が何とか無事に沸かしたお湯でビーフシチューを作り(お湯を注いで混ぜるだけ)、食後は茶道の友人がお抹茶を立ててくれました。

青々とした牧草地や点在する牛を下に眺め、私たちを囲むように迫ってくる山々をまっすぐ見つめながら飲む抹茶のしみること…

 

教わったお菓子の名前は忘れてしまいましたが、はっかの風味のしゃりっとしたおいしいお菓子。

 

 

下山しながら、「それにしてもさー、リキ丸さんよく一人で山行きますよねえ。一人で面白いですか?寂しくないですか?」

「面白いよ。ものすごい解放感とものすごい緊張感がたまりません!」

「単独登山女子だっけ?私は無理無理。孤独登山女子になっちゃう」

「孤独登山女子?寂しすぎるネーミング、やめてー」

「はははは、じゃあ単独孤独登山女子!」

「長いんですけど…」

などとバカバカしい話をしながらあっという間に登山口に戻ってきました。

 

次回は9月、花の百名山に挑戦することを約束して解散しました。

単独登山女子も複数登山女子も楽しい!と言うお話でした(^^;