お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

心を込めたメロンロールケーキ

亡き父の親しい友人の息子、私とは1歳違いの「のぞちゃん」は小さい時から知っている子です。

今から20数年前、のぞちゃんは「相手の家庭環境が複雑」と言うことを理由に両親に結婚を反対されました。

そこで私の父が説得することになり、その結果、無事に最愛の人と結婚することになったのでした。

仲人も私の両親がすることになり、それ以来のぞちゃんとお嫁さんは、折に触れて私の両親を気にかけてくれていました。

 

そんなのぞちゃんが久しぶりに母の施設に顔を出してくれることになったと、昨日の夕方母から電話がありました。

「明日の10時半ころ来るんだって。急で悪いけど何かケーキ作ってもらえないかなあ。豪華なのがいいね。生クリームいっぱいで。できれば私の試食分も。」

…それはお母さんがが食べたいケーキなのでは…は置いといて、急なことなので凝ったものはできませんでしたが、急いでメロンを買ってきて、ロールケーキを作りました。

 

 

ロールケーキなら切り落としの端っこを母の味見用にすることができます。

涼し気に見えるよう、スポンジを緑色にしました。この写真ではわからないのですが、雨のしずくのように、黄色い水玉模様になっています。

 

今日はこのあとケーキの配達が2か所あったので、残念ながらのぞちゃんには会えませんでしたが、いつも、いつまでも、父のこと、母のことを気にかけてくれて本当にありがとう。

感謝の気持ちを込められるだけ込めたケーキなのでした。

これでメロン苦手だったりしたらどうしよう…いくら子どものころから顔見知りでも、そういうことは全然わからないものですから(^^;