お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

小さなウエディングケーキ

今日のお菓子教室では「ジューンブライド」にちなんで、ミニチュア版ウエディングケーキを作りました。

1台を一人で作るので結構大変ですが、出来上がりの達成感と言ったら!(と、私は思っている(^^;)

 

同じ材料で作りましたが、個性が出ますね。少しずつ感じが違います。

おそらくみなさん初めてバタークリームでバラを絞ったと思います。それにしてはとっても上手だと思いませんか?

デコレーションケーキは、作るのも食べるのもちょっと特別な気持ちになりますね。

 

 

特別と言えば、もちろんバースデーケーキもその方だけの大事なケーキだと思うのです。

昨日の夕方のことです。

「もしもしリキ丸さん」

「あ、○○さん、いつもありがとうございます」

「今日、3時半じゃなかったかしら?」

「えっ!バースデーケーキは明日でした、よね?」(私は基本的にこういうことに関して自分に自信がないのです)

「今日じゃなかった?」

「す、すみません!今、明日のためのイチゴを探しにスーパーにいるんです!帰ってカレンダーを見ないとわからないけれど、たぶん私が間違ったのだと思います。本当にごめんなさい!急いで帰って作ります!ちょっと遅くなりますけど、お届けします!」

 

ついにやってしまった…電話を切ってからの私の落ち込みようったら… 1年に1回の大事な日になんてことを…

文字通りトボトボと帰途につくと電話が。

「もしもしリキ丸さん」

「あ、先ほどはすみませんでした!もうすぐ家に着きます。すぐ作りますね!」

「いいのよ。私の勘違いだったわ。悪かったわ。明日、お願いね」

へなへな~となりつつ、あーよかったー!と喜ぶという、よくわからないエネルギーを使ってすっかり疲れてしまいました。

そしてそれを言い訳にして「今日はいいや、明日5時前に起きて作ることにしよっと。今日はもう早く寝ちゃおう。」

すぐに調子に乗るのが悪い癖ですが、まあ何とかなりました。

 

 

 

「毎日がドキドキ!」なんて言うと素敵な毎日に聞こえますね!

別の意味で毎日がドキドキなのです。しっかりしないと血圧が上がりそう…