お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

焼きもちを焼いたリキ丸

今日のお菓子教室ではフランクフルタークランツと、クルミのクッキーを作りました。

フランクフルタークランツはドイツのお菓子。

ドイツ風のスポンジに、卵や生クリームを使用したコクのあるバタークリームを合わせ、表面にクルミをびっしりまぶしたおいしいデコレーションケーキです。

久しぶりのデコレーションケーキで、やや緊張気味の皆さんでしたが、上手に出来上がりました。

華麗ではないけれど、心底おいしい生地の組み合わせ。

まだ寒い2月にぴったりだと作ったレシピでしたが、今日はもう空気が春の匂いでした…暖冬すぎて、ちょっと怖い気もします。

 

同じように、クルミとアーモンドパウダーをたっぷり使った冬仕様のさくさくクッキーも、もっと寒いほうがおいしく感じたかもしれません。

熱々のココアと合わせたりしたら、最高です。が、そんなわけで今日はアールグレーを淹れました。

 

試食も進んだころ、アユ登場。

猫の扱いになれている生徒さんにさんざん遊んでもらって、くにゃくにゃしたかと思えば急にプンスカしたり、やりたい放題のワンマンショー状態でしたが、みんなが帰ってすぐ、玄関にリキ丸がやってきたところでなんだか微妙な空気が流れました。

 

出遅れた感のあるリキ丸。

本当は自分もちょっと顔を出したかったのでしょう。

でも気がついた時にはもう、みんなはいなくなっていたのでした。

実はこれはよくあることなのですが、今日はなんだか面白くないリキ丸。

テーブルの上に移動して、下にいるアユの頭をパシパシしたりしていましたが、アユが手の届かないところに移動すると思いっきりムッとして爆走。勢いあまって2階まで駆け上がっていったようでした。

 

私には焼きもちを焼いているように見えたのですが、本当はどうなのでしょう。

人一倍甘ったれのくせに、ちょっときっかけを逃したり、アユが先に行動を起こすとカッコをつけて平気そうに振る舞うリキ丸。

 

だいじょうぶ、リキもとっても可愛いから!という私の声が届いていますように。