お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ネコのクッキーはハトの味

前回の記事の、「たっぷりのハンドクリームの絶大な効果は顔にも応用できるのか」を試してみたところ、特に何も変わりませんでした。

そこで気がついたことがあります。

私はもともと顔にクリームは塗りません。何だかべとべとするようで苦手なのです。

ですから「たっぷり」使ったのは化粧水と美容液なのです。

もしかしたら、たっぷりで効果が出るのはクリームなのでは?

そんなわけで今、顔用のクリームを購入しようかどうか、とても迷っています。

 

ところで去年クリスマスケーキを注文してくださったお客様からネコの形をしたクッキーをいただきました。

「クリスマスケーキがおいしかったから何かお礼を差し上げたかった」って…きちんとお代はいただいたのに、さらにクッキーまですみません。

でも嬉しいです。

余計なものが入っていない、手作り感のあるクッキーは、神奈川の小さなお店(カフェ?)で作られているようでした。

一口食べて、イギリスのショートブレッドのようなバターの風味がする、そんなおいしさのクッキーでした。

この懐かしさ、ちょっと鳩サブレにも似ているかな。

しばらく鳩サブレを食べていないので、私の中のイメージですが…

 

クッキーに似ている後ろ姿と思いましたが、アユの方が安定感がありますね。

奥の方で同じような格好をしているのはもみじ。

長い間こうして二匹で窓の外を眺めているのが、なんとも穏やかな冬の午後という感じで「ふー、なごむわね」と思ったのもつかの間、この後激しい場所争いが勃発しました。

少しでも窓際がいいようです。

 

「窓側がいい!」

こどもたちと新幹線に乗ると必ず同じような争いになったことを、ちょっと思い出しました。

母親らしくその場を収めてはいましたが、実は私も窓側が好き。今でも。