お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

お化けシナモンロール

12月のお菓子教室はクリスマスケーキや、華やかなデザート菓子がメニューになることが多いです。

が、昨日は生徒さんのリクエストで「パン菓子とマフィン」

ということで、シナモンロールとりんごのマフィンになりました。

 

私のシナモンロールのレシピは、ちょっと前のニューヨークベーカリーの本を参考にしています。

一つ一つ形作るのではなく、6つ~8つのロールを大きな型に入れて焼くタイプ。

そうすることでふんわりした部分が多くなる、そういうシナモンロールです。

直径18cmの大きな大きなシナモンロール

焼き上がりに、クリームチーズ、マーガリン、お砂糖、バニラで作ったクリーム(フロスティング)をたっぷりのせます。

 

太りそう?いいのいいの、たまにはね。

こういうのを食べて、元気になって年末を乗りきるのです。

 

「お、大きい。お化けみたい(笑)剥がせるかな…うわー柔らかい~」

 

「あ、取れた!おいしそう!おいしそうですね!」

 

「か、可愛いかも?」

 

と、生徒さんも感動した(?)シナモンロールでした。

 

子どもたちが小学生のころ、冬休みのおやつやお昼によく作ったので、私の中では冬のおやつのイメージが強いかもしれません。

シナモンロールとほっぺたを真っ赤にして帰ってくる子どもたちがセットになっているのです。

 

お化けみたいな大きなシナモンロールを、みんなでちぎりながら食べるのも、一人で好き勝手に食べるのも、どっちも楽しいのがいいところです。