お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

一足早いクリスマスケーキ

今日のお菓子教室は大きなクリスマスケーキでした。

基本のシフォンケーキを上手に作ることを目標にした、ベーシックメニューです。

そのシフォンケーキを苺と生クリーム、クリスマスの飾りやプレート、そしてホワイトチョコをふんわり削ったコポーでデコレーションしていきます。

 

同じ材料で作っても、出来上がりはみんなの個性があふれて雰囲気の違うものになりました。

そこがデコレーションケーキの面白いところです。

そして大体みんな「いいなー、すっごく豪華」とか、「やっぱりシンプルな方がいいわ」とか、「あー苺は丸ごと飾ればよかった」など、ほかの人の作品をうらやましがるのは毎年のこと。

大丈夫、みんな初めてとは思えませんよ。

 

さすがにこの大きなデコレーションケーキをここでカットして試食するのはもったいないので、昨夜のうちに正方形のケーキ型で大きく焼いたプリンを「超大作、お疲れ様」とお出ししました。

少しずつ余った苺と生クリームも添えました。

 

「先生、プリン、すごくおいしいです」

「作り方を聞いてもいいですか?」

「なるほどー、絶対作ります!」

「いやー、プリン教えてもらってよかったー」

あのう、作ってもらいたいのはシフォンケーキの方なんですけれど…

 

 

棚の上のかごでいびきをかいて爆睡中のはずのアユ。

楽しそうな声を聞きつけ、のっしのっしと厨房にやってきました。

生徒さんの膝に乗ったり、ボールペンをいたずらしたり、やりたい放題。

「だめだよ。戻って」という私とは一切視線を合わせず、「お母さん、こわいの」とでも訴えるかのように、みんなを上目遣いで見つめるのでした。

 

「まーかわいい」なんて言ったら、アユの思うつぼですよ!