お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

冬支度 人も猫も

とうとう11月、早いですね。

 

昨日、道を歩いていたら、ダウンジャケットを着たおじさんの脇を半そで体操着の小学生たちが走り抜けていきました。

お菓子教室の生徒さんたちも「何着たらいいかわからないです」と、厚手のコートの方も、セーターにマフラーだけの方も…様々です。

そしてなぜか私は右足のアキレス腱を蚊に刺され、非常に痛痒い思いをしております。

 

唐突に中学生の頃を思い出しました。

11月になると、大好きなダッフルコート着ていました。

私の実家は仙台でした。

今、仙台で、ダッフルを着ている中学生が何人いるでしょうか?

やっぱり温暖化は進んでいるのかもしれません。

 

でも空気が非常に乾燥していることだけは確かです。この乾燥が、やっぱり冬に向かっている感じ、ということで4月以来ずっと使っていなかった加湿器を出してきました。

ところが、何度試してもスイッチが入りません。

これは確か4年前に買ったもの。わりと単純な構造の加湿器が、たった4年で壊れるものでしょうか?

もう、本当にさー、と一応トリセツに目を通してみたところ、「内部の汚れをきちんと取り除かないとスイッチが入らない場合があります。添え付けのブラシをご使用ください」とありました。

なるほど、とブラシを使ってささっと掃除したら、あっけないほど簡単にスイッチが入ったのでした。

メンテナンス、大事ですね。

 

こんな感じで私の冬支度はゆるゆると始まりましたが、猫たちの冬支度も始まっているようです。

 

抱き合って眠るもみじとリキ丸。

 

「別にいいけど?ワタシは一人でも十分暖かいですから」

 

こんな3匹ですが、私が寝るときは全員ついてくるのです。

布団の上にもみじとリキ丸。

布団の中にアユ。枕を半分こです。

 

お、重い。

重いけれど暖かい、けれど重い。けれど幸せかも…の繰り返し。

これが私にとっての冬の始まりかもしれません。