お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

初めての大人のお菓子教室

いつも小学校低学年のお菓子教室を行っている公民館で、「3回シリーズのお菓子教室を」という依頼があったのは春のことでした。大人向けの講座です。

10月末からということだったので、まだまだ時間もあるし、細かいことはゆっくり考えればいいや、とあまり深く考えずに引き受けたのですが、あっという間にその日が来てしまいました。

 

ギリギリにならないとアイデアが浮かばない、そして行動に移さない、けれど結局何とかなるから大丈夫、ということの繰り返し。

いつか何とかならない日が来る前に、もう少し何とかしなくては…本当にそう思います。

 

いつもは6歳から10歳の子どもたちが集まる調理室に、38歳から80歳まで集まりました。

メニューはかぼちゃのチーズケーキとミックスベリーのゼリーです。

ゼリーは透明な袋に入れてハートのシールを貼ると、「可愛いー、売ってるみたい」と大人気でした。女性はいくつになっても乙女なのです。

 

かぼちゃのチーズケーキは、「あら、白、黄色、白、黄色、だったかしら。黄色、白、黄色、白?」と生地を流す順番で混乱も見られましたが、交互ならどちらでも大丈夫と言うと、「やだー先生、先に言ってくれなきゃー」って、言ったんですけれど…

 

子どもたちと違って、順番でもめるとか、そんなことはもちろんありません。

 

逆に長年仕事も主婦も頑張ってきた皆さんなので、気が利きすぎて、

「ちょっとお待ちくださいー!その卵はまだ割らないでー!」

「ちょっとお待ちくださいー!ゴムベラまだ使いますから、洗わないでー!」

「ちょっとお待ちくださいー!予熱が終わっちゃいますからオーブン開けないでー!」

 

でも楽しい経験でした。

あと2回、たくさん驚いたり喜んだりしていただきたい。頑張ります。