お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

マフィントップな猫たち

昨日のお菓子教室で作ったのは、紅玉をたっぷり使ったアップルシナモンマフィン。

クルミたっぷりなクランブル(さくさくのそぼろみたいなもの)をいっぱいのせて焼きました。

型から横にはみ出た部分を「マフィントップ」と言います。

 

日本では、ベルトの上にのっかったポヨポヨなお腹のことを「浮き輪」と言ったりしますが、アメリカではマフィントップと呼ぶのです。なんだかおいしそうで可愛いですね。

 

今日はそんな「マフィントップな猫」をご紹介しようと思います?

 

小さなお菓子の詰め合わせの箱にむりやり入るアユ。全体的にマフィントップですが、

頬っぺも部分的にかなりマフィントップな感じです。

 

こちらは私の大事な帯揚げの箱に入り込んだリキ丸。

火曜日に本当に久しぶりに着物を着ることになって、今のうちに準備をしようと取り出したら、さっと入り込んだようです。一瞬目を離し、振り向いたらこうなっていました…というか、大迷惑なのでやめてください。

マフィントップすぎて、箱が壊れそうです。

「…幸せ…」

 

なんとか穏便に出てもらおうとしているうちに、アユが…着物に…

 

「あ、見つかっちゃった?」

「バレバレですから!」