お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

チョコレートの森に踏み込んで

今日は久しぶりにお菓子の講習会に行ってきました。

今回の先生はワールドチョコレートマスターズ(世界唯一のチョコレートの世界大会)で優勝経験がある平井シェフ。神戸の方です。

 

ということで、メニューも7種類すべてチョコレートのお菓子でした。

 

実はチョコレートは温度の管理や乳化の具合など、扱いが難しい素材です。

ということで私はチョコレートをひたすらに追及するお菓子は苦手なのですが、それでもプロ中のプロの、経験に培われた理論的なお話には本当に引き込まれてしまいます。

 

そして、男性パティシエの半分以上はこういう科学や数学に通じるような、理屈っぽい話(失礼!)が大好きなのだなあ、と見ていて思います。

 

 

すべてがチョコレートのお菓子という講習会も珍しいのですが、フランスのメーカーの高級チョコレートを何種類も使い分けているので、一つも同じ味わいのものがありません。さすが。

 

ほんの2,3口分の試食でも、7種類となるといつもはかなり大変です。

しばらくは「チョコレートはいいわ」となりそうなのに、そうはならないおいしさ。素晴らしいです。

しかも今はやりの「甘くなくておいしい」ではなく、甘さもコクも、さわやかさもしっかり感じられます。

 

いくつになっても学ぶことはたくさんあるのだなあと、久々に参加して再確認した一日でした。

 

帰宅した私を、なぜか物思いにふける乙女なアユが迎えてくれました。

秋だねえ。