お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

山ガールになる

2年前に亡くなった父は山が大好きでした。

小学生のころ、夏休みは必ず家族で登山旅行に出かけました。

正直言ってそんなに楽しくなかった私は、「あー友達とプールの方がどんなにいいか」などと思いながら、だらだらと歩いていたのですが…

 

土曜の朝9時ころからNHKラジオで「山カフェ」という番組をやっていて、配達の車の中でたまたま聴いた時、カフェのマスター役の石丸謙二郎さんの「登山愛」を語る熱っぽさに引き込まれました。

家族で登ったこと、3年前に高齢の父と二人で登ったこと(父の最後の山登りでした)などなど、いろいろなことがばーっと、そしてキラキラと思い出されて、なんだかまた山に行きたくなったのです。

 

とは言え、急に本格登山を目指す勇気もないので、娘と二人、往復4時間くらいの山を探して行ってきました。

標高約1300メートルですが、山頂付近はなかなか本格的な岩登りで、猿のようにひょいひょいと先を行く娘に「み、道筋がわからない」と焦る私。

起伏にとんだコースでとても楽しかったのです。

 

 

小学生の時から何十年、今になって登山の楽しさに目覚めてしまった、のか?

「遅いんだなあ」と、てっぺんの、もっと上の方から父の声がするようです。