お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

盛り上がるあんパン

昨日のお菓子教室は、メインは「パイナップルのチーズケーキ」という、ココナツやラム酒の風味も効かせた、何ともハワイアンなチーズケーキでしたが、もう一つは「酒粕あんパン」でした。

 

パン生地に酒粕を加えて、ちょっと和風なもっちりと食べ応えのあるあんパンです。

餡は2種類用意しました。

こし餡とうぐいす餡です。

うぐいす餡はうぐいす豆から作る緑色の餡。

たまたまいつもの材料屋さんの店頭に出ていたので(いつもは注文のみ)つい買ってしまったのです。

 

あんパン、というか餡を使うお菓子の時はいろいろ盛り上がります。

 

まず、つぶ餡派かこし餡派かでひと悶着、いえ楽しい会話。

そして、思い入れのある餡の話が続きます。

中村屋のあんまんのごま餡、大好きなんです」とか、

「うぐいす餡ですか…あんまり好んで選ばないかも。あ、先生似てるんですけど山形の『富貴豆』というお菓子をご存知ですか?緑色のとってもおいしい豆菓子なんですよ!」

「…その富貴豆の原料がうぐいす豆なのですよ」

「ええーっ!そうなの?」

 

私が富貴豆を知っていたのは、友人が若くして山形に嫁いだから。

それからしばらくはそのおいしい豆菓子を送ってくれたのですが、いろいろあって彼女は山形を離れてしまったのでした。

 

久しぶりにその名前を聞いて、食べたいなあと思いました。

いろいろなことがよみがえります。

夏は私にとってそんな季節です。(まさかのおセンチ)