お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

「ガトーハワイ」と「ずんだ白玉」

今日のお菓子教室は冷たいお菓子2種。

 

「ガトーハワイ」は、私のイメージするハワイなお菓子。

勝手に名前を付けました。

スポンジとパイナップル、ココナツ風味の生クリームを重ねて重ねて、一番上はパイナップルゼリーとさくらんぼです。

スポンジにはラム酒を効かせたシロップを含ませてしっとり。

構成的にはパインショートですが、容器の中に作るので、しっとり柔らかめに仕上げています。

 

右下のさくらんぼだけ妙に大きいですね。

実は他は缶詰のサクランボですが、これだけ生の国産なのです。

「紅秀峰」という品種で、大きくて甘いサクランボでした。

こんなにおいしくて手ごろな価格のサクランボがあることを知らなかったのですが、もう10何年前から知っている人は知っていた、と生徒さんから教わりました。

 

もう一品は「ずんだ白玉」です。

ずんだは宮城県の郷土料理なので、ご存じない方も多いでしょう。

普通はお餅にするのですが、冷たい白玉で夏のおやつにしてみました。

きれいな翡翠色の餡は枝豆をゆでて作るのです。

おいしくて体にもいいし涼しげ。

昔は枝豆をすり鉢とすりこ木でていねいに擂って作ったものでしたが、今はフードプロセッサーであっという間にできます。

もちろんすり鉢で時間をかけたほうがおいしいのかもしれませんが、おいしいおやつを手軽に楽しむために機械を使っても、私はいいような気がするのです。

 

枝豆の自然な美しい緑色、いつも見とれてしまいます。

 

緑色ではないのですが、今日の生徒さんたちはそろいもそろってオシャレです。

いつもまあ素敵、と靴やバッグやお洋服に感心しています。

それはブランド品に頼ったコーディネートではないところも素敵なのですが、今日は申し合わせたようにブルー系のお洋服。

紺色から水色まで、花柄からストライプまで様々ですが、それぞれいい感じです。

 

「今年の夏はブルー系なのですか?」

 

「流行はどうかわかりませんが、もう年代的に黒は似合わなくなってきているのです。ブルー系はまだいけるかなというチョイスです。肌映りがいい色、年とともに変わってきちゃいますよね。」

「他にもオレンジ色が好きでこの夏も探していますが、似合うオレンジ色、年々少なくなってきて…」

 

なんて意識が高いのか!(もしかして常識ですか?)

そういえばしばらく前から黒は着ませんが、偶然セーフだったのですね。

 

私はお菓子を教えていながら、いろいろなことを生徒さんたちに教わっているのでした。