お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

私には広すぎる調理室

今日も子どもクッキングがありました。

少子化で生徒数が減った小学校の空き部屋を、コミュニティースペースに改装したところが今日の会場です。

 

子どもたちにしたら学童保育のプレイルームも学校と陸続き(?)だし、調理室も2階から3階に上がるだけなので、暑い日、寒い日などは低学年には特にいいと思います。

 

その調理室なのですが、ひ、広い。

最新の設備を備えていますが、どこかで知っているこの懐かしい雰囲気は何だろう、と思ったら、ここは元理科室なのです。

裏にある小部屋には、大きな冷蔵庫や食器棚が並んでいますが、ここは何て言うんだっけ…実験準備室?

骸骨の模型や大きな水槽などがあっても違和感がないように思えます。

ああ、そういえば中学の時は理科室の掃除当番が多かったなあ、あとは図書室ね、などとついつい準備の手が止まりがちでいけません。

 

それにしても、ちっちゃい低学年の子どもたちの中にはテーブルに手が届かない子もちらほら。

理科室って何年生から使うのだったか、昔過ぎて思い出せません。

 

 

とにかく無事に楽しい時間を過ごせてホッとしましたが、ずうっと広い部屋を走りまくり、叫び続け(広いので大声必須)、4台のオーブンをかわるがわるチェックしていたら、私一人が汗だくで暑苦しい感じに…!

 

久しぶりの元理科室調理室に、体力の衰えを感じたのでした。