お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

オレンジのサバランとブルーベリーのマフィン(爆発)

今日のお菓子教室は「オレンジのサバラン」と「ブルーベリーのマフィン」でした。

 

サバランは、ラム酒やキルシュたっぷりのシロップに浸したパン生地のお菓子です。

私はこのクラシカルな昭和な感じのお菓子が時々無性に食べたくなります。

そんな私のことはどうでも良いのですが、今回は夏らしく、オレンジ風味たっぷりで作ってみました。

 

お酒が苦手な生徒さんがいらしたので、濃厚なグランマニエ(オレンジ風味のブランデー)の代わりに、ノンアルコールの濃縮オレンジエキスとオレンジジュースを使いました。

 

たっぷりの生クリームを、ソフトクリームのように高く高く盛り上げたのは良いのですが、「どうやって持って帰るの…」状態に。

去年はどうしたんだったか覚えていませんが、牛乳パックを応用して、安全に持ち帰ることができました。

裏庭のフサスグリが真っ赤に熟したので、それを飾りに使いました。

雨が止んだら収穫して、きれいなピンク色のジャムにしましょう。

 

もう一つはブルーベリーのマフィン。

ブルーベリーと言っても、ジャムを使うので気軽にできます。

マフィンの脇のよくわからない黄色や紫色のものは、実は3個だけ生地が型からあふれ出てしまった部分です。

溶岩流のように固まってしまったこのマフィン生地は、意外とおいしいです。

 

一つ一つの重さを量って、ち密に作っても爆発するときは爆発するマフィン。

それも手作りの楽しさかなと思います。

マフィンはかんたんでおいしく作ることができるので、夏休みに親子で楽しんでほしいです。