お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

張り付いたままのナン

今日のお菓子教室は「バナナマフィン」と「ナン」でした。

直火焼きの平たいパン、ナンは1回の発酵で手軽に作れます。

フライパンに油は敷かず、そのままじっくり焼き上げます。オーブンで焼くのとはまた違った香ばしさがおいしいです。

 

いつもなら、火が通って焼き色が付いてくると自然にフライパンからはがれて、楽にひっくり返すことができるのですが…な、なぜかぴったり張り付いてびくともしません。

何十回も作っているのにこんなことは初めてです。

 

だんだん香ばしいというより焦げ臭くなってきて、内心焦りまくりです。

生徒さんに、私の「鉄のフライパン愛」をさんざん語っていたのに、これじゃ面目丸つぶれどころかお菓子教室存続の危機なのでは!とそこまで思い詰めたりはしませんが、とにかく原因を明らかにしなければみんなが安心できません。

 

結局、原因はフライパンがまだ十分熱くなっていないところに生地を入れたせいでした。

焦げ付いた生地をむりやりはがして、フライパンを洗って、しっかり乾かしたところで再び挑戦したら、さっきは何だったの?というくらい上手にできたのでした。

 

焼きたてのナンのおいしさにみんな大喜びでホッとしましたが、適当に作ったドライカレーもどきをほめられ、レシピを聞かれて困ってしましました。

だって本当に適当で、それもちょっと前に残り物あれこれで作って冷凍しておいたものだったから。

「野菜は何が入っているのですか?」えーと、何だっけ…。

 

バナナマフィンにはクルミを加えると、ぐっとおいしくなります。

食感も楽しい。

最初から最後までハンドミキサーで混ぜていくだけですが、ふっくらとできました。

簡単でおいしい。最高です。