お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

一人で食べるバースデーケーキ


f:id:rikimarutti:20180603202300j:image

毎年自分のための小さなバースデーケーキを注文してくださる男性がいらっしゃいます。

 

今回ふと、将来もし自分が一人暮らしのおばあさんになったとして、自分の誕生日を一人で楽しくお祝いできるかなあ、と考えました。

 

はあー、もうこんな歳?

何もおめでたくないわね、もはや。

まあ、娘たちが忘れずに電話をくれるのは感心ね…とか?

 

咳をしても一人、ケーキを食べても一人…寂しいから誕生日はキライ…とか?

 

いやいや、今日のお客様のように「お誕生日おめでとう!俺!」とにこやかにローソクを吹き消し、甘い物好きのごほうびのような、一人分にしては大きいケーキを思いっきりほおばる…とか?

 

家族はいなくても、大きくてとびきりキレイなケーキを作って、ちょっといい着物でなじみのお店に持って行こうかな。

そのためにはまず、そういうお店を見つけることから始めなくては。

 


f:id:rikimarutti:20180603205507j:image

「大丈夫。アタシがいるわよ。」

…確かに長生きしそうだけど、そうなったらもはや化け猫じゃないかしら。

「いいじゃないの、それも」