お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

かつらとマカロン

母の医療用かつらを受け取りに、ア○○○スのお店に行ってきました。

かつらのお店に行くのは、もちろん初めてです。

 

「スタッフは全員美容師の資格があります」と、以前営業の人が言っていましたが、なるほど中はちょっとゴージャスな美容室みたいでした。

が、全く違うのは、すべて個室で完全予約制というところです。

これならお客様同士が顔を合わせることもないのでしょう。

かつらはやっぱり個人のデリケートな問題に関わっていますから、相当気を使っているようです。

 

通りすぎたドアの向こうから「がはは」と笑う陽気なおじさんの声がしましたから、防音まではしていないようです。

 

母はかつらを何度もかぶって、毛量の多いところ、長すぎるところを美容師さんにチェックしてもらい、カットを繰り返して調節していきました。

まるで、美容院で普通にカットしてもらっているお客さんのようで、なんだか不思議な気分になりました。

 


f:id:rikimarutti:20180319184836j:image

できあがり。80を越えているようには見えないよ!となるだけ自然に母を喜ばせようとしましたが、どうだったでしょう。

そういう時、口の端の片っ方だけ上がってしまうクセを見破られているかもしれません。

 

それでも母は喜んで、「普段はお守りにする。いざという時に使うつもり」と笑って、私が持っていった口紅を付けたりしました。

その時黙ってニコニコしていた美容師さんが、「医療用のかつらは、通常のものと違って、一時的に使うことを前提に作られていますから、そんなに長持ちしないと思ってどんどん使ってください」と言いました。

 

違いは何ですか?

私の問いに一言、「値段です。普通は採寸から始めますから」

 

10万円でも驚いていたのに…きっと桁が違うのでしょうね。

 

 


f:id:rikimarutti:20180319190107j:image

慣れないうえに、けっこう時間もかかり、母も私もなんだか疲れました。

 

これは昔からあるココナツマカロンです。

シャクシャクして素朴な味わいですが、しっかり乾燥させないとおいしくできません。

 

コンビニで買ったほうじ茶とマカロンで一休み。

簡単なティーブレークですが、ホッとしました。