お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ひな祭りのお菓子あれこれ

近所の25才の男の子が、フルーツたっぷりのタルトを注文してくれました。

クリームや生の果物の水気が出ないように、約束の時間ギリギリに仕上げました。

「彼女にお雛様の差し入れ?」

「いや、友達です。小中一緒の。なんか結婚するらしいんで、ケーキ持ってって、みんなで詳しいこと聞こうか、とかそんなところです。」

「えー、地元の子。じゃあもしかしたら私も知ってるかな」

「んー、ちーちゃん(うちの娘)と部活も学年も違うっすよ。ま一応ともちゃんって言うんですけど」

「私の知ってるともちゃんは○○○○さんとこの…」

「あっ、その子です」

「知ってるよ!ピアノも水泳も一緒だったから。まあそうなの」

 

ケーキ箱を手にしていったん外に出た彼が、「あの~」とまた顔をのぞかせました。

「いろんなお母さん仲間にはまだ言わないでくださいね。詳しいことはわからないんで」と釘をさされました。

よっぽど血中オバサン濃度が上がった顔をしていたのでしょう。鼻の穴が拡がっていたかな?

気をつけなければ。

 


f:id:rikimarutti:20180303185230j:image

そしてこれは、フルーツたっぷりのロールケーキです。

お雛様用にと頼まれました。

 

お雛様→フルーツたっぷり という注文が多いのは、やはり春らしさからの連想なのでしょうか。

 

人づてに注文してくださったのは58才男性、独身だそうです。

まさか一人で食べないでしょうし…といろいろ空想を広げれば、確実に鼻の穴も、…なのでやめておきます。

 

さっき気をつけようと思ったばかりでした!