お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ユルユル&固いティラミス

ティラミスは、「フィンガービスケット」という棒状の堅焼きスポンジにエスプレッソとリキュールを浸したものと、マスカルポーネチーズで作ったクリームを合わせるのが基本ですが、私はココアを効かせたスポンジを焼いて作っています。

味にメリハリがあって、色のコントラストもきれいだと思うからです。


f:id:rikimarutti:20180116184903j:image

たまたま本場イタリアのフィンガービスケットがセールになっていたので、それを使って基本に忠実に作ったら、なぜかふわふわを通り越し、娘たちが「もはや飲み物」と言い合い、実際すくっては飲む、ようにして食べるものが出来上がりました。

 

 

なぜこうなったのか、「いつものうちのティラミスも食べたい」という声に応える形でもう一度、自分のレシピで作りました。

それが上の写真です。

ゆるゆるを恐れて、泡立てるものはすべてしっかり泡立てた結果、今度はクリームが、絞り出しのデコレーションができるくらいの固さになりました。

 

おいしいけれど、食べごたえありすぎ、かもしれません。

 

家族には「当分いい」と言われそうなので、しばらくしたらまた作ってみようと思います。

 


f:id:rikimarutti:20180116190150j:image

「落ち着いて、普通にやればいいの」

悟ったようなリキ丸の顔。