お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

浮いたり沈んだりのスポンジ


f:id:rikimarutti:20180110180523j:image

ラムレーズンのチーズケーキです。

いつもは細かく砕いたビスケットとバターで作った、さっくりしたクラストを底に敷くのですが、年も改まりちょっと変えてみようかと考えました。

 

昔風のスフレチーズケーキみたいにスポンジを敷いて、底生地とチーズケーキの境が曖昧な感じも良いのではないかと思いつき、さっそく作ったのでした。

 

ところが途中でオーブンを覗いてみて、「なんだろう、これ…」

ケーキの表面に謎の物体が浮いています。

焦りながらもよく見ると、下に敷いたはずのスポンジが、チーズケーキ生地の水分を吸ってベローンという感じで浮かんでいたのでした。

ちょっと気持ちが悪いのと、完全に失敗?という気持ちでがっかりしましたが、どうすることもできずにそのまま焼き上げました。

 

ところが、焼き上がってみたら、いつのまにかスポンジが定位置に戻っていて、ちゃんとしたチーズケーキになっていたのでした。

 

なぜ?

本当にお菓子作りは奥が深いなあ~、とか言ってる場合じゃないけれど…(((^^;)