お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

二日遅れのバースデーケーキ

朝方、恐ろしい夢を見ました。

ホイホイとクリスマスケーキの注文を受け続けたあげく、オーブンが壊れて全く動かなくなったのです。

「が~っ」という音はするのですが、熱くなるどころかどんどん冷えてきて、まるで冷凍庫のように冷たくなっていくのでした。

「どうしよう…みんなになんとお詫びをすればいいの…」呆然とする私。

 

どうしてこんな夢を見たのか、理由は二つあります。

ひとつは、お客様のお誕生日を間違えて、昨日二日遅れで配達したことのショックです。

花束も添えて、平謝りでした。


f:id:rikimarutti:20171208203324j:image

もうひとつは、寝室の暖房の調子が悪く、タイマーが作動しなかったために、明け方とても寒かったからだと思います。

そのせいかリキ丸たちが私の布団に乗っていて、重苦しさも倍増でした。

 

 

バースデーケーキの話に戻りますが、約束していた日時、ちょうどお客様も急用で家を空け、私に連絡もできず遅くに戻ってきたので、私がケーキを持ち帰ったのだと思ったそうです。

「だから今日でちょうど良かったのよ。」

そのお心遣いに感謝しながら、二度とこんな間違いはしないぞ、と誓ったのでした。

 

 

 

f:id:rikimarutti:20171208221209j:image

「それにしてもちょっとはさあ、悪運強くてラッキー、とか思ってるんじゃないの?」

猫は何でもお見通し。