お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

カスタードクリームと赤ちゃん

長女の4ヶ月の息子は、誰かが何かを食べていると、まばたきもせずにじーっと見つめ、口をモグモグ動かしながらよだれを垂らします。

 

もうそろそろおっぱい以外のものが食べたくなってきたのかな、とお風呂上がりにスイカの絞り汁を飲ませたら、一瞬「何?」という顔をしてから、夢中で飲みました。

 

これは…もういろいろいいのかな?

 

うちには私が作ったばかりのカスタードクリームがありました。

ほんの少し、小さじ1/10くらいを舌の先にのせると、ビックリするくらい顔がパアアーっと輝きました。

私も楽しくなって、もう少しもう少しと3回くらい繰り返したのでした。

 

という話を、帰り際のお菓子教室の生徒さんにしたところ、

「ダメですよ~」

「早すぎます!」

などと、一回りも二まわりも年下の皆さんに言われてしまいました。

 

「そうかなー。無添加作りたて、ほんの少しでも?」

「じゃあ調べてみましょうか?」とスマホで検索。

 

「えっ、まさかと思いましたがありましたよ!義母が生後5ヶ月の子どもにクリームパンのクリームを食べさせていますが大丈夫ですか?だって!」

「ああ、お嫁さんはお義母さんにはっきり言えないわけだ」

「先生、実母でしょ?あーあ」

と、話がそれている気がしないでもないけれど、みんなきゃあきゃあ楽しそうにチェックを続けます。

 

「それで結局カスタードクリームはいいのかな?ダメでした?」

「…あ、なんか少しなら問題ないらしいです」

 


f:id:rikimarutti:20170909103344j:image

 

id:maxa55さんのコンビニスイーツのブログによく出てくる「クリームは正義」という表現が頭に浮かび、本当にそうだよね、という気分になったのでした。

 

今度来たら生クリームか?(また怒られそう)