お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

「黒革の手帳」のママにはほど遠い…


f:id:rikimarutti:20170820205603j:image

昨日は年に1度の楽しい飲み会でした。

娘の高校時代の部活の父母会が、今でも仲良く集まっているのです。

何の利害関係もなく、ウヒャウヒャ飲んで、…いいなあ。(自画自賛)

 

最近「黒革の手帳」のドラマに影響されて、松本清張の原作を読みふけっている私は、ちょっとだけ衣紋(首の後ろのところ)を抜いて「なんちゃって銀座のクラブのママ」みたいにして参加しました。(自画自賛)

 

メンバーに銀行関係が複数いるので、「ドラマみたいに架空名義口座でどんどん通帳を作れてしまうものなのですか?」と聞いたら、「今は絶対にムリ」というキッパリした返事が返ってきました。

架空名義どころか、同じ人が同じ銀行でいくつも口座を持つのも難しいとか。

振り込め詐欺など、様々な犯罪もからんで、とても厳しいチェックがあるのだそうです。

 

そこに、かなり酔っぱらったあるお父さんが一言、「○○○○(某金融機関)はかなりユルいよ」と一言。

ええっ!

そうなの?

 

ドラマのヒロインは「銀座で一番若いママ」が売りの武井咲

さしずめ私は「ここら辺で一番若くないママ」とか言って皆でウヒャウヒャしていましたが、そこに貫禄のママ!?登場。


f:id:rikimarutti:20170820213514j:image

いつもカッコいいショウタくんのお母さん、私はチーママで十分です。

ついていきます!