お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

インターナショナルなホームパーティーに潜入

昨日、娘の通う大学の先生のお宅でパーティーがありました。

来月カナダとイギリスで行われる学会で発表する学生たちの激励と、英会話の練習を趣旨としたものです。

 

そんなわけでカナダ、バングラデシュ、チュニジア出身の学生や研究員、先生たちも参加する、総勢30人弱のいわゆる「ホームパーティー」だというのです。

「へええ、何か外国のテレビドラマみたい!行ってみたいな」と言ったら「いいんじゃない?先生にメールしてみる」と娘。

 

えっ、いいのかな…「家族同伴可」って若い先生たちが子どもたちを連れてくるっていうことでしょう?

娘に連れられて親が顔を出すって…とは思いましたが、好奇心が先に立ち、私も参加することになりました。

基本すべて英語、というルールが気になりますが、何とかなるでしょう、きっと。

 


f:id:rikimarutti:20170717190215j:image

参加者が料理やデザートを持ち寄るスタイルらしいので、子どもたちにも喜ばれそうなブラウニーを焼き、急なことで時間もなかったので、あとはコストコのコーンブレッドをたくさんと、ペットボトルの飲み物を準備しました。

 

国際交流を意識して浴衣も着ました。

いえ、本当はただ着たかっただけです、ウケ狙い。

 

行ってみたら本当に英語が飛び交っていて内心ビビりましたが、年の功でニコニコとやりすごし、色々な意味でエキサイティングです。

 

それにしても、今まで食べたことのない、バングラデシュのカレーや、チュニジアフェンネル入りのパン、なぜかマグロの兜焼きやサザエのつぼ焼きなどなど、ワクワクしました。

 

デザートもたくさんたくさん並ぶ中、2色カステラの詰め合わせのような一皿に目が止まりました。

 


f:id:rikimarutti:20170717191400j:image

これは娘と同学年の男子学生が持ってきた、レモンと抹茶のケーキでした。もちろん手作り。

しっとりして美味しいのです。

「どこが一番大変でした?」

「あ、レモンの皮をすりおろすところです」

なるほど、男子は意外とそういうところなんだ…なんて聞いていたら、メインで作ったのは彼女で、脇でお手伝いをしていたようでした。

それも楽しいね。

 

お手製のお料理やパンやお菓子、なかなか食べる機会がなかった私は、なんとも言えない温かい気持ちになりました。

 

パーティーも後半になると、先生たちは何だか専門的な議論を英語で戦わせていたようでしたが、私たちは国も年齢もバラバラな「ガールズトーク」で盛り上がりました。

私の怪しすぎる英語が気の毒だったのか、バングラデシュのビッグママな感じの先生が「日本語でいきましょう」とにっこりしてくれて

助かりました。

 

何ともエキサイティングな夜でした!