お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ゆずらないアユとピタブレッド


f:id:rikimarutti:20170714191841j:image

朝、窓全開で掃除をしていた私にもみじが大きな声で鳴いて訴えました。

 


f:id:rikimarutti:20170714191955j:image

視線の先には、みんなが大好きなカゴがあって、

 


f:id:rikimarutti:20170714192134j:image

勝ち誇ったような顔をしたアユが入っていました。

 


f:id:rikimarutti:20170714192305j:image

絶対ゆずらない面構えです。

「いいじゃん、早い者勝ちで」

 

そんなアユを見ていたら、2、3日前にお菓子教室で作ったピタブレッドを思い出しました。


f:id:rikimarutti:20170714192559j:image

中近東の平たいパン。

薄く丸く伸ばして高温でサッと焼くと、風船のようにプウッと膨らみます。

真ん中から切って、空洞になったところに具をたくさん詰めて食べます。

ポケットブレッドとも言われるこのパンの膨らみ具合が、カゴに入って丸くなっているアユに似ているような気がしたのです。

 

中に入れる具をあらかじめ用意するのですが、本格的中近東の豆のペーストとか、なすの何とか…作り慣れない、いえ作ったことがないので、それは夏休みの自分の課題としましょう。

結局、ゆで卵のサラダと夏野菜と挽き肉のぽってりしたカレーを作ってはさみました。

何だか平凡。

「えっ、これはカレー粉だけでこんな味が出るんですか?」なんて、みんな気を使ってくれてありがとうございました!