お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

低学年の男子と女子と猫のチョコ

今日は昨日と違う地区の子どもクッキングでした。

こちらでは時間や設備の関係で、あまり凝ったことはできないので、スイートポテトを作りました。

1、2年生中心ですが、女子とは世代を(ものすごく)越えたガールズトークで盛り上がります。

「あっ先生、髪バッサリ切ったの!かわいいね」

「あらー、ありがとう、嬉しい」

「先生、こういう簡単なお菓子はママとじゃなくて、子ども同士で作ったら楽しいね」

「そうだねー、いろんなお話しながらね」

「あの、悪口じゃないよ。でもあたしは中にチョコが入ってない普通のが好き。」

「うん、わかる。普通のもおいしいよね。」

 

 

男子は…

「あ、先生髪伸びてる」

「??そう見える?」

「だって耳見えてないじゃん」

髪が長かった時はいつも後ろでまとめていたので、耳は確かに見えていましたが…

「春になったらまた来るね。どんなお菓子が作りたいか、リクエストがあったら聞かせてください」

「お菓子といったらマカロンでしょ!豪華だし」

「豪華といったらステーキでしょ!」

「おーやったー!ステーキステーキ!」

「ぎゃはははー」

 

面白すぎる小学校低学年。

そして女子と男子は、違いすぎる…

 

 

バレンタインに「誰にもチョコレートをもらえなかった」疑惑のあった夫ですが、本当に職場に忘れただけでした。

昨日持って帰ってきたのは猫のチョコ。


f:id:rikimarutti:20170216203054j:image

うちが猫を3匹飼っていると知ってのチョイスなのでしょう。

ありがとうございます。

箱が「外国のおしゃれ猫ファミリー」という感じです。


f:id:rikimarutti:20170216203308j:image

中もネコネコしたかわいい小さなチョコレートが並んでいました。

肉球型のチョコだなんて!

 


f:id:rikimarutti:20170216204410j:image


f:id:rikimarutti:20170216204424j:image

椅子の上でうつらうつらするアユ。

寝ている時は本当にかわいい最近のアユ。